札幌市中央区で見つけた信頼できる「町の歯医者さん」

HOME » 予防歯科でデンタルケアのすすめ(札幌編) » 甘く見てはいけない歯周病のリスクと予防法・治療法は?【札幌】

甘く見てはいけない歯周病のリスクと予防法・治療法は?【札幌】

歯周病とそのリスクについて

歯周病は、歯の周りの組織である歯茎や歯槽骨などの病気で、プラークという細菌によって引き起こされる感染症です。

健康な歯茎は綺麗なピンク色をしていますが、プラークの影響で炎症したり、歯茎が赤く腫れたりすることがあります。 放置しておくと歯の周りにある組織が破壊されます。そして最終的に、歯が抜け落ちてしまうことになるのです。

歯周病の影響は口の中だけにはとどまりません。血液を経由して身体中に細菌を運び、動脈硬化や関節炎、腎炎などを誘発することがあります。

歯周病の予防法

予防法はやはり徹底した歯磨きです。食事や間食の度に歯を磨き、洗口液や歯間ブラシ、デンタルフロスなども併用するのが理想です。

しかし、それでも歯周病になってしまうことがあります。その場合は、歯周病の治療経験や専門知識が豊富な歯科医院を受診しましょう。

札幌で歯周病治療をする時のおすすめ医院紹介

札幌で、歯周病治療に特に力を入れている2つの歯科医院をご紹介します。

志村デンタルクリニック

1932年開業の志村デンタルクリニックは、地域でもトップクラスに人気を誇る歯科医院です。日本歯周病学会・臨床歯周病学会に所属する志村院長は3代目になります。

志村デンタルクリニックでは、科学的根拠に基づいた北欧式歯科治療「スカンジナビアンアプローチ」という歯周病治療を行っています。

症状が治まったら終わりではなく、歯周病という「病気」をしっかりと治療し、治療後は患者1人1人に合わせたオーダーメイドのメインテナンスを実施しています。

牧口デンタルオフィス

牧口デンタルオフィスの院長は、一般社団法人「国際歯周内科学研究会」に所属しており、日夜歯周病の治療について研究を重ねています。

今までの歯周病治療は、外科的な治療のみ施されていました。しかし、近年では様々な問題点があるとし、治療に抗菌剤および抗真菌剤を用い、内科的治療を行う方法がとられています。

一度治療が終了したら終わりではなく、健康な口腔環境をずっと維持できるよう、定期的なメンテナンスによって患者1人1人を長期的にサポートしています。