札幌市中央区で見つけた信頼できる「町の歯医者さん」

HOME » 予防歯科でデンタルケアのすすめ(札幌編)

予防歯科でデンタルケアのすすめ(札幌編)

先進的な歯科診療として注目されている「予防診療」について解説しています。

いつまでも自分の歯で食べたいなら治療より予防が大事

歯医者に通うペースは、虫歯や歯周病など何らかの治療をしている方であれば、1週間~2週間に1度というところではないでしょうか。

ですが、特にトラブルのない時期は「そういえば、前に行ったの何年前だっけ…」というくらい、ご無沙汰になりがちです。

治療の最後には「定期健診で3ヵ月に1回くらい来てくださいね」といわれるものの、結局予約をするのが面倒だし、歯医者が嫌いだから行ってないなぁ…なんてよくある話です。

このように、自覚症状が起きてから歯医者に行くサイクルを繰り返していると、いつの間にか歯は虫歯だらけになり、歯茎はグラグラ。年を重ねた頃にはインプラントに高額を費やしたり、入れ歯に頼る生活になってしまいます。

歯は削ったり抜いたりすると二度と生えてこないですから、大切にしなくてはいけません。そこで自覚症状が出る前に歯科医院で見てもらうことで、被害を最小限に食い止める「予防歯科」をお勧めします。

歯医者で予防診療を受けるメリット

予防診療を行っている歯医者で、定期的に歯をチェックしてもらうと、虫歯になりかけている歯を本格化する前に食い止めることができます。

また、歯周病の原因菌が住む巣(歯垢や歯石)を取り去って、症状の悪化を抑えたりできます。

フッ素でコーティングしてくれたり、ブラッシング指導を受けて自分の歯磨きスタイルも見直すことができますから、歯にトラブルが起こる可能性はかなり低くなります。

自分の歯で食事をする喜びは、歯がなくなって初めてわかるもの。札幌市内にも予防歯科を推奨している歯医者さんはたくさんいますから、ぜひ一度ご自身の歯のために訪ねてみてください。